タイ人になるinタイ

7月1日おれは中国の北京を出発し、タイのスワンナプーム空港に到着したり

おれはそこである人を待っていた。

それはモンゴルで知り合った日本人だった。

たまたま彼と同じ日にタイに入国することになっていた。

タイの国鉄に列車を貸したりもしている人だった。

15時ごろに彼と合流することができたおれは。

何度もタイに来たことのある彼にタイのバンコクを案内してもらうことになった。

まず向かったのは、タイ式マッサージだった。

世界で一番気持ちいいと言われているマッサージを2時間受けることに。

今まで、モンゴルチャリ旅やヒッチハイク、野宿などを繰り返していて、疲労が溜まった体には最高だった。

タイ式マッサージを終え、次に向かったのは蟹レストランだった。彼が言うにここの蟹がとても美味しいらしい。

なのでその蟹を頂くことに。写真で見てほしい。

今までパサパサのパンや、いつ買ったかもわからないビスケットを食べていたおれにとっては、この蟹は最高すぎた。

この蟹だけで白米5杯は食べた。

こんな感じで、彼にタイのバンコクを案内してもらっていると気づけば時刻は22時になっていた。

ここから別れて、別々の宿に向かうかと思っていた、その時彼が言った、

バンコクと言えばゲイバーでしょ、あつし、ゲイバーいかない?

おれはゲイではないが、一度行ってみたいと思っていたのもあり、笑顔で「行きましょう」と答えた。

レストランを出て、タクシーに揺られること約20分、バンコクで有名なゲイバー通りのソイカウボーイに着いた。

いくつものゲイバーが立ち並ぶ中、彼のチョイスでゲイバーを決めた。

ゲイバーに入ってすぐ、お酒を頼み、両隣をゲイに挟まれた。初めはノリノリだったおれだが、時間が経つにつれて徐々に、ゲイのボディタッチが激しくなってきた。終いには、ずっとち◯こを触られ、キスをされていた。

これがバンコクという町か、と少しカルチャーショックのようなものを受けていた。

ゲイはおれからキスをしてくれとずっと要求していた。「Don’t be shy」と言われ続けていた。

いや、そういうことではないとおれは心の中で何度も何度も思い続けた。

気づけば30分程ゲイバーに滞在していた。夜も遅くなっていたので、ゲイバーを出ることに。

ゲイバーを出た後、おれは改めて思った。

おれは女の子が大好きだ」と。

今日は、バンコクを案内してくれた彼が宿をとってくれた。今までの旅で泊まったことがない、超快適なホテルだった。

彼は明日、朝早かった為、今日中に別れを告げた。

彼のおかげでバンコクを堪能できた。今までの旅とは違った、贅沢な旅行のようなものだった。

次の日朝ホテルで目覚めチェックアウトをした。

また旅が再開した。

タイと言えばやっぱりお寺だろう。そう思いタイではお寺を回りまくった。

時には現地の人に混ざって、一緒に瞑想をしていた。

写真を見てほしい。どれがあつしかわからないだろう。

そう、あつしはタイで生活しているうちに、現地人になってしまったのだ。

そんな現地人になったあつしは、来る日も来る日もタイのお寺を回っていた。タイでの趣味がお寺回りになった程だった。

お寺に行くと凄く心が落ち着いたのが一つの理由だろう。

こんな感じでタイを楽しんでいた。

ある日は、遺跡を回ったり、ある日は世界一危険なマーケットに行ったりもした。

世界一危険なマーケットは、線路上にあり、毎回列車とスレスレであるから世界一危険なマーケットと呼ばれていた。

確かに毎回スレスレだった。それが観光地化しているのがまた面白かった。

もう旅か、旅行か、それともタイ人なのかわからなくなっていた。

そんなタイ旅だったある日、地図を見た。

タイから近くにマレーシアがあった、そのままカンボジアに移動するつもりだったが、マレーシアに行きたくなり、気の赴くままマレーシアに行くことにした。

そう決めたら、すぐに行動。

気がつけば、マレーシア行きの列車に乗り込んでいた。

寝台列車に長時間揺られ、タイとマレーシアの国境に着き、マレーシアに入国した。

またそこから更に首都のクアラルンプールに移動。

少しの時間列車に揺られクアラルンプールに着いた。

マレーシアに着き初めて思ったことは、凄く町がでかい。

これからマレーシアの旅が始まる。

マレーシアの首都クアラルンプールを楽しんでから、世界遺産のペナン島までヒッチハイクで行くことにした。

このヒッチハイクが後に、あんなトラウマに繋がるなんてこの時は知る由もなかった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています!クリックしたらポインドが入るらしいので、時間のある人はよろしくお願いします!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中