超有名人になるin Laos

世界一周7カ国目のラオスに入国したおれはラオスの国境の町からヒッチハイクで、ラオスの首都ヴィエンチャンを目指すことにした。

ラオスに入国してすぐ、子供達に出会った、だが何故か彼女達は、叫び出し、おれから逃げ始めた。

それを見たおれは楽しくなり、何故か彼女達を追い回した。第三者から見ると、確実に不審者に違いなかった。

だが、そんなことはお構い無く、彼女達を追い回した。

彼女達からしておれはどのように見えたのだろうか。

気になり、自撮りをしてみた。不審者だった。

彼女達はどこかへ逃げてしまったので、ヒッチハイクをすることに。

意外とすぐに乗せてもらえた。ラオス語で何を言っているのかは分からなかったが、とりあえず、乗せてもらえるとのことで、バイクに乗せてもらうことに。

バイクに乗ること1時間。彼と写真を撮りFacebookを交換し別れた。

この出会いが後に凄い事になる事は、この時知る由もなかった。

今日は日も暮れ、暗くなっていたので、この町で野宿をするとこに。

夕食を食べにレストランに行き、インターネットがあったので夜遅くなるまでレストランの前でゆっくりしていると。

1人の男性が声をかけてくれた。ラオス語で何を言っているのか、ここでもわからなかったがおそらく。ここで何をしているんだと言っていたんだろう。

よくわからなかったが、彼が付いてきてと言っているようだったので、付いていく事に。

すると、宿に案内され、彼がお金を払ってくれ、次の日、ヴィエンチャンの近くのまで行くバスチケットまで買ってくれた。

もうこれにはすごく驚いた。どういう状況か全く理解できなかった。

だが優しくしてくれてることは物凄く分かった。

今日はもう寝なさいと、彼はすぐにそこを去っていった。

ラオスの田舎町という事もあってか、何度か街全体停電していた。

だが、優しくされ、嬉しくて、そんな事はあまり気にならなかった。

シャワーを浴びて、今日は寝て、明日の朝バスに乗る事に。

受けた優しさを感謝して、今日は眠りについた。

次の日、朝、昨日出会った彼がわざわざ起こしにきてくれ、バスに乗る事に。

別れる時にお金も渡され、これでヴィエンチャンに行きなさいと言われた。

感謝してもしきれないほど、良くしてもらった。

別れ際に写真を撮り、Facebookを交換した後バスに乗り込んだ。

ヴィエンチャン近くの町に着き、昼食をとる事に。

ラオスのお米はもち米のようで、とても美味しかった。それと鶏肉を一緒に食べた。

とても贅沢な昼食だった。

そこからまたバスに乗り、ヴィエンチャンへ。

長時間バスに乗り、着いたのは次の日の朝だった。

ヴィエンチャンに着き、予約した宿に向かう事に。

着いた宿でゆっくりして、Facebookを開くと、凄い量の通知が溜まっていた。

メッセンジャーの通知の数も凄かった。

何故こんなにも多くの通知が来ているのか、全く分からなかったが、Facebookを良くみてみると。

昨日や一昨日、ヒッチハイク中やレストランの前でゆっくりしていた時に出会った、彼らのFacebooのおれがタグ付けされた投稿が凄くバズっていたからだ。

そのいいね数なんと8000

ラオスの人口から考えて8000いいねは物凄い数だった。

投稿は別れ際に一緒に撮った写真とラオス語の文章だった。

ラオス語でよく分からなかったが。

多分こうだろう。「ラオスにいる、変わった日本人を助けた

大量の通知を1つずつ片付けた。Facebookの使い方も分からず、気づけばFacebookの友達の数が凄く増えていた。

メッセンジャーには、ラオス人から日本語で、「友達になりましょう」といったものや、「私の家に泊まっていいよ」というものまであった。

いきなり知らない人から電話もかかってきた。

なんとおれのFacebookの偽アカウントまでできていたのだ。これには驚きだった。

凄く有名人になった気分だった。いや、ラオスではもうとっくに有名人のようだった。

そんなFacebookがバスったという事もあり、ヴィエンチャンからバンビエンまでヒッチハイクをした時、乗せてくれたドライバーがおれの事を知ってくれていたりした。

ドライバーは「お前のこと、知ってるよ、あつしだろ?」という感じだった。

これにはもう驚きだ。

そんな事もあり、ラオスの滞在をものすごく楽しんだ。

宿で知り合った人達と山に登ったり、ブルーラグーンに行ったり、滝に行ったり。

はじめてのカウチサーフィンをしてみたりととても充実した毎日だった。

そんなある日、次、どこに行こうか考えていると、ふと旅の初日に出会った、アーニーのことを思い出した。

彼もラオスの人と同じように優しかったことを。

彼が言っていた、「フィリピン人はおれのようにみんな優しいんだ」と。

そう思い出し、次の国はフィリピンに行く事にした。

なので、ラオスから、タイのバンコクに戻り、飛行機でフィリピンに行く事にした。すぐにフライトを予約してラオスからは列車に乗り、バンコクに向かった。

列車の中で一晩過ごし、バンコクに到着し、1日滞在した後、飛行機でフィリピンに向かう事に。

おれは凄くワクワクした気持ちで飛行機に乗り込みフィリピンに向かった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周ブログランキングに参加しています!クリックしたらポイントが入るらしいので時間のある人はよろしくお願いします!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中