ホームステイで家貸切!?

3日間お世話になったみんなの元を離れ、次に向かったのはセブ島だった。8月28日の夜遅くにマニラの空港を出発し、次の日の夜3時ごろにセブ空港に到着した。

到着してすぐに、ジョリビーで飯を食べていると、1人の女性と仲良くなった。彼女の名前はマリスと言った。

彼女はボホール島出身の人だった。仲良くなり、話していると、彼女が「うちの家に泊まってもいいよ」と言ってくれたので泊まらせてもらうことにした。ジョリビーで少し仮眠してから朝の5時にボホール島に向かった。

船と車を乗り継ぎ、約5時間程かけて彼女の家に到着した。

家に入ると彼女のお父さんとお母さんが出迎えてくれた。

彼女の娘が病院で入院しているとの事だったので、着いてからすぐにお見舞いに行き、また家に帰って来ても時刻はまだ15時だった。

ボホール島の田舎にいるので本当にする事が全くなく、マリスは出て行ってしまい、家にいないし、彼女のお父さんやお母さんも何故か留守で家に1人きりの状態だった。

今日出会った人を家に1人にするなんて、すごいなと思った。何故だか信頼されていた。

家貸し切りホームステイ状態だった。

何もすることのないまま、ただ時間だけが過ぎ、日が沈んだ頃に、マリスが家に帰って来た。

夕食を食べその日は何もすることのないまま1日を終えた。

朝起きると、頭痛がし、体が気怠かった。無理やり体を起こし、ボホール島にある観光名所、チョコレートヒルズに行くことにした。

マリスと朝食を食べ、出発。約4時間バスを3台乗り継ぎ、チョコレートヒルズに着いた。

だが着いた時には頭痛が悪化していて、チョコレートヒルズどころではなかった。

頭痛と立ちくらみでフラフラしながら階段を登っていくと、そこにはチョコレートのような丘がいくつもあった。

頭痛で今すぐにでも家に帰りたかったが、記念にと写真を撮った。

この顔を見たらわかるだろう。あつしは完全に体調がやられていた。

チョコレートヒルズを見終え、また4時間かけて家に戻った。家に着いた時にはもうくたくただった。

おれが家に着いてから約30分後にマリスが帰ってき、夕食を食べた。

まだ体の気怠さが抜けなかった。

なのですぐ寝ることに、明日体が良くなっていたらセブ島に向かうことにした。

ここでは本当に何もなさすぎるからだ。

朝起きると体は少し楽になっていた。

なのでセブ島に向かうことに。マリスにセブ島に向かうと告げ、セブ島に向かうことに。

別れ際、彼女が「今回は娘が入院していてあまり一緒に時間が過ごせなかったけど、次来た時にはあつしの為に時間もっと作るね、その時は友達も連れてきて」と言ってくれた。

なので、誰か今度一緒にボホール島に行きましょう。

朝方マリスの家を出て4時間ほど移動し、セブ島に到着した。

セブ島に着いてから、すぐにセブの台所と言われているカルボンマーケットに行くことにした。

カルボンマーケットでは豚がその場で捌かれていたりもした。日本でなかなか見ない光景に見るのを少し拒んだ程だった。

カルボンマーケットのすぐ隣では爆音の音楽が流れている場所があった。

どうも今日はお祭りらしい。

酔っ払って踊っているのは大人だけじゃなく、子供まで踊っといた。その光景は音楽クラブのようだった。

少しの間一緒にお祭りを楽しんだ後、宿に向かい、今日は寝ることにした。

明日、朝起きたらセブ島のスラムに行く事に決め眠りについた。

世界一周ブログランキングに参加中!!クリックするとポイントが入るらしいので時間のある人はお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中